WEBコンサルティングとは?

ユニファースは、「WEBコンサルティング会社」を名乗っていますが、そもそも、WEBコンサルティングとは何でしょうか?

WEBコンサルティングと言う場合、大きく分けて2つの違った意味があります。

  1. ホームページの制作において、お客様から希望を伺い、デザインを形にするプロデューサーを意味する場合
  2. お客様がホームページに求める最終的なコンバージョン(商品購入・資料請求など)を聞き、そのコンバージョンを伸ばすことを意味する場合

ユニファースの場合、上記2つとも行っております。特に得意なのは、2.のコンバージョンを伸ばすコンサルティングです。

2.のコンバージョンを伸ばすコンサルティングには、多くの総合的なスキルが求められます。

  1. お客様が得意とするスキルや長所をあぶり出し、出来るだけ競合が少なくニーズが高いポジションへ持って行くWEBマーケティングのスキル
  2. 他社製品の性能調査や価格帯調査をして、他社製品に優位な製品へ仕立てる製品プロデュースのスキル
  3. 製品のブランディングのスキル
  4. 製品の認知を広めるための企画立案のスキル
  5. 従来の収益モデルの修正や新規収益モデルの構築スキル
  6. SEO対策のスキル

などなど、挙げればきりがありません。

何故、総合的なスキルが求められるのでしょうか?

例えば、SEO対策だけではダメなのでしょうか?

SEO対策だけすれば売上が伸びると思っているお客様も少なからずいらっしゃいますが、実際のところはそんなに甘くありません。

まず、上位表示希望の単語の検索件数が多いとは限りません。非常に強豪がひしめいているにも関わらず、1番目に表示されても1日の検索数が10件とかザラです。

また、仮に1日100件とかの流入を確保出来たからと言って、コンバージョン率が1%(つまり100人のうち1人しか買ってくれない)であれば、非常にもったいないことです。単純計算でコンバージョン率が2%になれば売上は2倍になるのに、です。

このように、売上を伸ばすためには、ホームページの総合力を伸ばす必要があります。

おわかり頂けたでしょうか?これが、ユニファースが行っているWEBコンサルティングです。

 

このページの先頭へ